誰でも理解出来るホームページの基本!

ホームページは「HTML」でできている

あなたがいつも見ている「ホームページ」。画像や動画が表示されていたり、文字がきれいに並んでいたりしますが、これはどういう仕組みになっているのでしょうか。 じつは、ホームページは、「HTML(ハイパー・テキスト・マークアップ・ランゲージ)」と呼ばれる記述のルールによって書かれています。これは、プログラミング言語にも似ていますが、勉強をすれば誰にでも簡単に理解できるものです。 「HTML」では、「タグ」と呼ばれるマークを用いて、文章を装飾したり、配置したり、リンクを貼ったりしていきます。 あなたがインターネットを見るときに使っているブラウザが、この「HTML」で書かれた文章を読み取り、ルールに従って表示しているわけです。

「HTML」を学んでホームページを作る?それとも……

ホームページを自分で作るには、この「HTML」を理解しなければならないのでしょうか?
一般のユーザー向けには、ホームページを作るためのソフトがいくつも販売されています。これらを使えば、専門的な知識がなくとも、ワープロ感覚で文字・絵を配置していくだけで、誰でも簡単に自分のホームページを作ることができます。ちょうどブラウザが「HTML」を読み取って表示するのとは逆に、ソフトが表示内容から「HTML」を自動生成してくれるわけです。
もちろん、高度なデザインを求めるなら、「HTML」の知識は必須です。
市販のホームページ作成ソフトは、これから自転車に乗る人にとっての補助輪のようなものだと考えるとよいでしょう。

ホームページ作成の実績を知りたいなら、作成会社のホームページで見ると良いでしょう。実際に手掛けたホームページを見たりするのも参考になります。